FC2ブログ

なおしのにっき

ミュージカル「レベッカ」の二幕で好きだったシーンの感想

ミュージカル「レベッカ」の二幕の好きだったシーンの感想を書きます。二幕は生まれ変わった「わたし」が見られ好きです。「自分らしく生きる」というところが見られるからかな。疾走感が溢れるようなストーリーの進み方も好きでした。この二幕、私がこのレベッカで一番好きなセリフ、「だからわたしよ、ミセス・ド・ウィンターはわたし」ってところがあります。

シーン1b レベッカの寝室
もう、ダンヴァース夫人の怖さが出ますよね。涼風さんと保坂さんの違いもほんと楽しい。やはり涼風さんに感じるのは力でねじ伏せる感じ。保坂さんは精神的に追い込む感じを感じます。レベッカとダンヴァース夫人の関係性ってどうなんだろ、って考えたりしました。涼風さんのダンヴァース夫人は、レベッカとはそれほど従属の関係性を感じず、レベッカを愛していた感じに見えました。憧れに近いものを感じます。保坂さんは精神誠意お仕えして尊敬していた、崇めていたというような感じ。
それゆえに、桜井さんの「わたし」の演技も、保坂さんの時は理解がし難いゆえに一層の「畏れ」って感じる演技でした。涼風さんの時は、とにかく逃げなきゃ、という感じを見て取りました。どっちが、、、ということは難しいけど、演技的には、このシーンでは保坂さんのダンヴァース夫人、好きです。


シーン4 ブレックファストルーム
「わたし」とベアトリスのシーン。レベッカの呪縛から解き放たれた「わたし」が、これまで励まされてきたベアトリスを逆に「心配ないわ、B」と落ち着けるところが特に好きです。二幕の解き放たれた「わたし」の表現の仕方が、桜井玲香さんは一番変わったと思っています。特に話すスピードですかね。「心配ないわ、B」というひと言も、プレビューでは連続して話していた気がしますが、公演も後半になると「心配ないわ(一拍)B」という感じで、ゆっくり話していました。これだけで、自信がある「わたし」がすごく際立ちます。
出雲さんのベアトリスとの歌唱はほんと僕は好きなんですよね。出雲さんの歌声、玲香さんの歌声が合わさるとほんといい「女は強くなる」、良い歌だなって思います。出雲さんという大先輩の方と、リラックスした感じで、♪女は強くなる~と歌うところ、桜井玲香さんがこれからきっと羽ばたく姿が想起されます。


シーン5 廊下
召使いの方々が、「わたし」の指示のもと、前の奥さまのものを片付けます。ここで好きなのは、クラリスがレベッカの赤いナイトガウンを片付けるシーン。途中、ダンヴァース夫人に睨みつけられます。ナイトガウンって肌に直接触れるものですよね。きっと、ダンヴァース夫人的には、片付けられることはもとより、触られることが嫌なのだと思うんですよね。そして、それに恐縮しながらも、クラリスは片付けようと前に進む。そうすると、フランクとすれ違い、フランクとクラリスの目が合い、フランクは和やかな表情をする。ここねー、もう最高です。「新しいミセス・ド・ウィンター」の曲も素敵です。


シーン6 モーニングルーム
「それは私よ」を歌う「わたし」。「それは、わたしよ、ミセス・ド・ウィンターはわたし」と言っていたところを、ダンヴァース夫人に被せられ、再度、「だから、わたしよ、ミセス・ド・ウィンターはわたし」と流れるイラッチ具合(笑)が特に好きですね。「それは」が「だから」て変わるところがね、良い!特に「だから」の言い方。桜井さんは最初は遠慮がちだったのだけど、やはりこれも東京公演からかなあ、、吹っ切れた感があって、「自由にしたい」桜井玲香感が出ていたんですよね。「そして趣味が悪いわ、この置物。」と言い捨てる。いや何もそこまで言わんでも...。女の人怖い...。「明るくするわ 光を入れて」っと、どんどん自分を出していくところも好きです。
ダンヴァース夫人とのやりとりで、涼風さん、保坂さんに勝ってほしいところ。プレビュー公演だと遠慮がちでまだまだ感があった「わたし」の桜井さんが、段々と実力をつけ、千穐楽の前、千穐楽公演ころには、歯向かえる一歩手前くらいまでに来たかな、そんな成長を見られたのも好きでした。まだまだ、もっとできるって思える。
ちなみに、このシーンでキューピッドを「わたし」が割るのですが、僕は、その前のレベッカの名刺を捨てるシーンが好きです。桜井玲香さんの「わたし」は、割と思いっきり箱に投げ捨てます(笑)。観に行った時、一度思い切りすぎて、箱に全部入らなかったハプニングもあったっけ。あれ、、、性格かなあと。おとなしい感じに見えて割と思い切りいいから、そこも魅力。


シーン8 書斎
ここはね、「わたし」が、ベンを演じる tekkan さんにしれーっと圧力をかけるところが。「怖がっているわ」と優しく声をかけながら、「言っちゃだめよ」的な感じ。きっと、ベンが「わたし」に好意を持っているのを分かっていて、やっている感のしたたかさが好きです。ベンと「わたし」の間の距離も最初より少しづつ近づいている感がありました。
「お前ら みんなグルだ」とファベルの吉野圭吾さんが言うのですが、ほんと、最初からマキシムを罪に問うつもりなど無いんですよね。深く考えると、上流階級や自分たちのコミュニティというところを守る、この人たちの持ちつ持たれつ感があります。はみ出しているファベル、、、可哀そう。そしてそんなファベルに僕は惹かれます。


エピローグ マンダレイの廃墟
山口さんのマキシムが年を老いた感じで登場するシーン。ここまで登場してきたキャストの皆さんは影のような形で、思い出の走馬燈のように登場する。マキシムと「わたし」の「乗り越えていける 愛さえあれば」というところが好き。マンダレイが焼けてしまい、いろいろあったと思うんですよね。船が座礁したシーンでもそうなのですが、「現物」が大事な時代。焼けてしまえば無一文。それでも愛だけあれば、ふたりで乗り越えていけるんだよ、ってことをベタながら感じてしまいました。
このときの「わたし」の目線や立ち姿も好きで、マキシムを逆に支えるようにも見えますね。
ここの演出、全国公演と東京公演で変わりました。東京公演の演出の方が好きです。ダンヴァース夫人が落とす花が一輪立つのですが、ここレベッカの勝利を指している気がするんですよね。レベッカですが病気にはなったものの、自分の意志を貫いていて、最後まで特に負けていない。芯をもって生きていた感があります。
「わたし」にとっても、レベッカにとっても、皆、勝利のような感じでした。


スポンサーサイト



  1. 2019/02/11(月) 02:00:00|
  2. レベッカ(ミュージカル)
  3. | コメント:0
<<東京マラソン2019 完走しました | ホーム | ミュージカル「レベッカ」の一幕で好きだったシーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なおし

Author:なおし
仕事をしたり、ランニングしたり、乃木活したりしています。
推しは桜井玲香さんです。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
舞台/ミュージカル (9)
本 (1)
映画 (2)
日記 (11)
ランニング (2)
ライブ (5)
About Me (1)
レベッカ(ミュージカル) (3)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する