FC2ブログ

なおしのにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇団4ドル50セント旗揚げ本公演「新しき国」

2月8日から2月12日まで紀伊国屋ホールで行われた劇団4ドル50セントの旗揚げ本公演
「新しき国」
を観劇してきました。私が行ったのは2月9日と2月12日千穐楽の2公演。「あー、もっと行っておけば良かった!」「楽しかった」と感じた印象に残る公演でした。

プレ公演から3ヶ月、この本公演をとても楽しみにしていました。プレ公演の時は、すごい熱量は感じたものの、熱量が方向性がまだ持っていないためか、発散した印象を受けたんですよね。あちこちに弾け飛んでいる印象。それはそれで凄くて惹かれたのですが、この熱量がどこに向かうのか、熱量は維持されるのか、そんな事が気になり期待していました。

「新しき国」の舞台は、寂れた地方都市の「夢沢町」の「夢沢銀座」の商店街。夜になると動き出す商店街では、お金の概念は捨て去られており、物々交換と、そして何よりも「夢」が大事にされる。

物々交換で暮らすというのは自分の田舎を思い出しました。近所の人が何か持ってきてくれたり、自分の家の畑のものを持っていったり。田舎にはなんとなくあるそんな雰囲気に郷愁を感じました。
そして、「夢」を持つことが大事。「夢」を持つことにそのものに意味がある。そして「夢」を語る、吐き出す。これは、自分への追い風を感じました。疑似的にでも「夢」を実現させてあげようとする町の人たちの優しさ、ただその「優しさ」の中には、途中で意図せず夢破れた「悲しみ」が隠れていると最後に分かるのだけど、そこが切ない。「しっかりしてよね」という言葉には、本当に今を生きる自分に吹いている風だよな、と感じました。僕自身、この風はただ漫然と暮らしていたら捉えられない。自分の中で「夢」や「目標」を抱き、楽しんで頑張る、いやガンバローの精神でいないとなと思いを入れ直した次第です。ラストの水を浴びながら踊るシーンやシャッターが降りてくるところでは、涙が浮かぶ感じになり、もっと見たいなと思いました。千穐楽の2度目は特に、もう一度、しっかり見たい!いろんな場面をしっかり見たいという感じでした。

こんな強いメッセージが、熱量は前のままで方向性を帯びて飛んでくるのだから、それはたまらない。
劇団4ドル50セント、粗を出そうと思えばいろいろあるとは思うけれど、芯の部分の「熱量」。その「熱量」に「方向」が加わったから、正にベクトルとなって、これからの活躍が本当に楽しみでならないです。



プレ公演では推しの仲美海さん以外はあまり注力してみることもできなかったけど、今回は役者さんをしっかり見れて色んな発見がありました。僕が特に印象に残ったのは、ミュージカル女優の立花詩役の糸原美波さん、東京に憧れる女子高生役の野原晶役の福島雪菜さん、乾物屋姉御役の立花沙紀さん、そしてやはり、果物屋果林役の仲美海さんです。

糸原さんは圧倒的なセンター特性を持っていて、セリフの間がすごく良かったです。だから一つずつのセリフの耳の残りがとても聞き取りやすく、後方の席でも十分に声が残りました。ダンスも線が綺麗でブレが少ない。クールな印象だったのですがお見送りの時は、屈託の無い笑顔でそのギャップも良かった。

福島さんは、演技力がすごいですね。セリフがないところでの演技も素晴らしくて、他の方のセリフに合わせて、「東京」の雑誌に目を落とすところ、姿勢を入れ替えるところ、など細部まで場の空気にあっていて、印象深い。目立たない場所での演技がしっかりできる人、これは素敵でした。

立花さんは、ぱっと目が行く綺麗さ。干物屋さんということもあり、コミカルな感じで虐げられたりするのだけど、そこでの拗ねた表情が可愛くて。一方、ダンスの時の瞳は強くて、拳を上げるシーンも綺麗さにある強さを感じた次第です。

そ・し・て、仲美海さん。やっぱり喜怒哀楽の表情の差が大きく、とても可愛らしく、分かりやすい。
喜び楽しい時のぴょんぴょん跳ねるような演技や明るい表情、怒りの時の鋭い目線、悲しみの時の伏せた表情、近くで見ても、遠くでも見ても大きく見せる分かりやすさが良いです。ダンスも力強くなった印象を受けました。リンゴを持って踊っているシーンは、ちょっとコミカルなんだけど、すごく印象に残り、ラストの雨に打たれるシーンでは、元々僕が好きになったきっかけでもある刺すような鋭い視線で撃たれました。これから、声の出し方を鍛えて、もっと声に表情をつけられるようになったら、すごくすごくいい役者さんになるんだろうなって思いました。

と、書いてみたのですが、劇団4ドル50セントの劇団員の方、全員で創り上げた舞台。皆がそれぞれ本当に良かったんです。書ききれないほど。男性の役者さんも格好良くてさ、すごく良いチームだ。これからもっと公演を観ていくうちに、劇団員の方、それぞれの良さを知れてくるのが楽しみ。早くまた公演やってくれないかなぁ。。。

この公演のパンフか台本、欲しかったな。いつか再演してくれないかな。

IMG_2043_s.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/02/15(木) 03:50:05|
  2. 舞台/ミュージカル
  3. | コメント:0
<<ピロリ菌の除菌成功 | ホーム | エバスク全社会議2018の公開録音>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なおし

Author:なおし
仕事をしたり、ランニングしたり、乃木活したりしています。
推しは桜井玲香さんです。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
舞台/ミュージカル (9)
本 (1)
映画 (2)
日記 (9)
ランニング (2)
ライブ (5)
About Me (1)
レベッカ(ミュージカル) (3)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。