FC2ブログ

なおしのにっき

みどり色の水泡にキス の感想

先日、10月18日に オフィス上の空プロデュース キ上の空論#9 みどり色の水泡にキス を観劇してきました。

20181018_3.jpg

この舞台を観て、一番最初に感じたことは、「遠い昔の、だけどとても近い話」的な感覚。「輪廻」がひとつのテーマになっています。それは「喪失」と「再生」。観劇の最中に、自分の過去が蘇ることが多々ありました。昨日まで一緒に居たり話したりしていたり、ついこの間まで隣で腕の上で寝ていた人が居なくなった時のこと。1、2週間くらいは腕の感覚が抜けなくて、寝るときに居ないはずの人が隣にいる感じがしてヘンだったこと。部屋からすべての荷物がなくなった時のがらんどうの部屋。自分で決めたことなのに、なぜか涙が止まらなかった日のこと。そんなことを思い出しました。そこから、考えてみれば、いろんな恋をしたりして、そして、今、まぁ、、、それなりに人生楽しいかな、と。

マコトを演じられていた町田慎吾さん、ミドリを演じられた新垣里沙さん、そのほかキャストの方々が自分の人生の中の取り巻きの人に似ていたからなのか、なんだかとても近く感じられました。だから、なんか懐かしい人を観ている感じだったんです。初めて舞台を観る方ばかりなのに不思議な感覚。だから、何か近くて、遠い、そんな感じがしたのかもしれません。

今回、桜井玲香さんが主演していた「半神」に出られていた齋藤明里さんの演技が気になり、この公演のチケットを取り観に行ったわけですが、とても良かったです。明里さんの演技は、半神でビビッと来た時の印象をさらにパワーアップした感じでした。今回の「みどり色の水泡にキス」では、一途と狂気を併せ持つ、ある意味、人の二面性を色濃くだした女性の役柄を、とても潔く演じられた感じで凄みがありました。半神では、台詞、演技を沢山見ることができなかったので、「あ、やっぱりこの人、好き」って思えました。僕はこういう演者さん好きなんだろうな。圧倒的な綺麗を持っている。でも、脇の嫌味もある役を「清々しく」演じられる。最後のカーテンコールの時の、颯爽として姿が格好良く、また次に出演される公演があれば絶対観に行こうと思いました。

あと、ミドリを演じられた新垣里沙さん、子供の役柄からOL、お母さんと幅広く動きまでしっかり違っていて、素敵な役者さんだと思いました。どの年代も、確実に「ミドリ」でした。なんのこっちゃって感じかもだけど、観に行った方ならわかるんじゃないかなぁと。

帰り道の道端で、あうるすぽっと、への行き先があるタイルを見つけました。
同じ道を通ったはずなのに行くときは気づいていなかった。見えていたはずなのに見えていなかった。
確かにそこにあって、近くにあるのに、まだ気が付いていないもの。
実際は沢山あるんじゃないかな。大事にしなきゃいけない、いや、大事にしたいもの、忘れていませんか?そんな思いが残った公演でした。とても良かった。ありがとうございました。

P.S.
舞台後に用事があったり、はずいのもあったからすぐに帰っちゃったけど、次回はちょっと残ってようかな。

20181018_4.jpg

スポンサーサイト



  1. 2018/10/27(土) 14:08:36|
  2. 舞台/ミュージカル
  3. | コメント:0

プロフィール

なおし

Author:なおし
仕事をしたり、ランニングしたり、乃木活したりしています。
推しは桜井玲香さんです。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
舞台/ミュージカル (9)
本 (1)
映画 (2)
日記 (11)
ランニング (2)
ライブ (5)
About Me (1)
レベッカ(ミュージカル) (3)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する