FC2ブログ

なおしのにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生駒里奈卒業コンサート

4/22に生駒里奈さんの卒業コンサートのライブビューイングを観てきました。
ライブビューイングで見る前は、武道館で生で見たかったな、と思っていたけど、良い意味で結果的にはライブビューイングで良かったと思いました。
初期のころから乃木坂46を見ていますが、生駒の個握は取ったことがなかったです。ただ、生駒をメディアの媒体を通して観てきた時間は長く、歴史というか道のりはずっと見てきたので、思いを巡らせながらそのパフォーマンスを見られたので、現場で沸くという事じゃないほうが良かったです。
特に、「ここじゃないどこか」は、生生星でなければ成立しないので、もう見られないのか・・・と寂しくなり、座りながらしみじみ聴けました。

披露した楽曲も生駒の歴史が辿れるセトリの構成でとても楽しめました。
AKB兼任時の曲である、「初日」、「てもでもの涙」、「心のプラカード」を入れたのは、とても微笑ましく思ったし、開場のちょっとどうしよう、的な雰囲気はあの時代を知らない人たちがすごく増え、グループが本当に大きくなったんだなって思いました。ある意味、この曲を入れることのメリットは、少なくとも今の乃木坂46にはないと思うし、微妙な空気が流れることもある程度想像ついた気がします。
あえて、3曲入れたのは生駒の想いの気もします。一緒に歌う対象として、「初日」は3期生、「てもでもの涙」は鈴木絢音、「心のプラカード」は2期生、と持ってきたのは、生駒なりの配慮なのかな。
特に1期生間では、あの当時のお互いの感情の差異があるまんまなのかな、と勝手に想像しました。

「ガールズルール」でセンターを外れてからの生駒は、考え方というか、持っている自分の荷物が変わった感じで、グループを導くこと、というものを強く意識するようになったと感じていました。実際、「君の名は希望」までの楽曲と、「ガールズルール」以後は少し違ったグループの形になっていると思います。その姿は、時に前に出すぎて、そんなに出なくても、と思うこともあったのですが、生駒らしさの象徴な気がします。出すぎる杭は打たれ易くなるので、少しだけ引いたほうがうまく世は渡れそうなのに、とどうでもいい心配をしたりもしました。ただ卒コンを通し、いろんな配慮をしているところを見ると、すごいなって思いました。これからの生駒の方がより大変ではあると思うけど、その活躍を目にする機会が多くなったらいいな、と思います。

僕は桜井玲香推しですし、単なる私感での考えです。生駒と桜井というのは、乃木坂の阿吽、門を守る阿形、吽形のような感じに思ってます。攻撃の生駒、守りの桜井、僕が乃木坂46が好きなのはこの二人の関係でした。生駒の近くには、いつもなんとなく、さりげなく桜井が居る気がして、そうやって乃木坂46を創ってきた感じがするんです。
当然、白石麻衣さんや生田絵梨花さんとかキラ星のように輝く人もいるのだけど、少し違う部分も担っている感じです。
今回の卒業で、気にしたのは、「攻」の要が居なくなった印象です。意見を言うこともそうだし、尖った人が居なくなったなという感じ。歌唱する曲も、綺麗な人が綺麗に映る、全体が映える曲が表題曲では多くなりました。そんな中、桜井玲香さんがこれから纏めていくのはより一層大変だな、グループの中でも果たす役割が増えるんじゃないかな、大丈夫かな、って心配になりました。
沢山泣いていたし、ダンスをしながら、涙がこぼれていた玲香さんの姿を見ると、そんな心配を強くした次第です。
まあ、玲香さんも楽しんで活動していってくれれば、それで嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/30(月) 18:52:04|
  2. ライブ
  3. | コメント:0

プロフィール

なおし

Author:なおし
仕事をしたり、ランニングしたり、乃木活したりしています。
推しは桜井玲香さんです。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
舞台/ミュージカル (9)
本 (1)
映画 (2)
日記 (9)
ランニング (2)
ライブ (5)
About Me (1)
レベッカ(ミュージカル) (3)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。