FC2ブログ

なおしのにっき

乃木坂46 6th Year Birthdayライブ 明治神宮野球場/秩父宮記念ラグビー場

今年もバースデーライブに3日間参加することができた。今年は明治神宮野球場と秩父宮記念ラグビー場の2箇所同時開催でした。
僕は、神宮(スタンド席)→秩父宮(アリーナ席)→神宮(天空席(^^))という感じで、ま、盛りだくさんでした。

20180708_2.jpg


推しの桜井玲香さんは舞台「半神」への出演を控えていたこともあるからかな、出ずっぱりということはなく、要所で出てくる感じでした。ここはしょうがないかな。舞台で活躍している姿を見るほうが好きなので、体調崩しても仕方がないし。それでもダンスしているときのパフォーマンスは相変わらず良かったし、MCもちゃんとこなしていました。すごく楽しんでいる様子で、「楽しむこと」これが大事かなって思っているから、そんな姿を見られて最高でした。

20180708_4.jpg


3日間を通して思ったことは、当たり前だけどファンの数がものすごく増えて、大きくなったなぁ、ということ。全体で盛り上がるところはすごくあがりました。そして、白石麻衣さん(まいやん)はすごいなぁということ。デビュー当初からまいやんは乃木坂の中でも一番人気でしたし、それが今まで続いているわけです。まいやんが発したり、登場するとそれだけで場の雰囲気が沸点に達する。これはすごいことだなぁと。と同時に、まいやんが欠けるとどうなるのだろう、とも思ったりする。考えてみれば、全体のライブでまいやんが居ないことって無いんじゃないかな...。少なくとも自分が観ている、乃木坂46の全体のライブでは、まいやんはいつも居る気がします。

あとは、「Rewindあの日」を2日目に聴けたこと。桜井玲香さん、西野七瀬さん、若月佑美さんのユニット曲。この曲は衣装も曲調も好きです。ダンスのしなやかな、風のような手の動きが好きです。玲香ちゃんのダンスがほんと綺麗なんだな。そして3人が一体となる時があるのですが、その流れが好きです。完全に桜井玲香さんをロックオン(笑)して観ているわけです。いつか完全な生歌で聞きたいのだけど...どうかな。

今回の開催は、アンダー、選抜、ユニット曲、3期生、と分かれた構成で、アンダーを纏めていたのは、鈴木絢音さんでした。すごい堂々としているな、という印象。最近、アンダーライブには行けていないのですが、今のアンダーの雰囲気を垣間見れた気がします。昔は熱量がとにかくすごく、上がっていくんだ、という強い意志がダンス、歌唱などの技術面を上回っている印象でした。技術が足りていなかったということではなく、熱 > 技術、という感じだったという印象。今は、熱量よりはより魅せる方向になっていて、開場全体を上げることも遜色なくなっています。熱 = 技術、のバランスが良くなった感じ。

2会場での開催ということでどうなるかなと思ったのですが、比較的うまく纏まっていたと思います。ただ、少し間の時間があったことも事実なので、最初の「走れBicycle」が流れる中、移動するところはもう少し映像を何か見せるなど工夫があっても良かったかなと思います。
まあ、玲香ちゃんが自転車乗れなくて3日間カートにのって移動したのは面白かったけど(笑)。初日は、ちょっと怖かったのか、おとなしく脚をそろえて乗っていたのに、最後の日は脚を組んでいい女風な演技をして乗っていく変わりようが好きでした。

ま、とにかく楽しかったからいっか♪こうやって楽しい時間を過ごせたこと、それが幸せですね。

P.S.
最終日、鈴木絢音さんが会場を「一面の緑...」といったのは、ドームでの玲香ちゃんを思い出して、私的に「おい!(^^)」って思いました。

20180708_3.jpg

20180708_1.jpg
スポンサーサイト



  1. 2018/07/14(土) 12:33:31|
  2. ライブ
  3. | コメント:0

生駒里奈卒業コンサート

4/22に生駒里奈さんの卒業コンサートのライブビューイングを観てきました。
ライブビューイングで見る前は、武道館で生で見たかったな、と思っていたけど、良い意味で結果的にはライブビューイングで良かったと思いました。
初期のころから乃木坂46を見ていますが、生駒の個握は取ったことがなかったです。ただ、生駒をメディアの媒体を通して観てきた時間は長く、歴史というか道のりはずっと見てきたので、思いを巡らせながらそのパフォーマンスを見られたので、現場で沸くという事じゃないほうが良かったです。
特に、「ここじゃないどこか」は、生生星でなければ成立しないので、もう見られないのか・・・と寂しくなり、座りながらしみじみ聴けました。

披露した楽曲も生駒の歴史が辿れるセトリの構成でとても楽しめました。
AKB兼任時の曲である、「初日」、「てもでもの涙」、「心のプラカード」を入れたのは、とても微笑ましく思ったし、開場のちょっとどうしよう、的な雰囲気はあの時代を知らない人たちがすごく増え、グループが本当に大きくなったんだなって思いました。ある意味、この曲を入れることのメリットは、少なくとも今の乃木坂46にはないと思うし、微妙な空気が流れることもある程度想像ついた気がします。
あえて、3曲入れたのは生駒の想いの気もします。一緒に歌う対象として、「初日」は3期生、「てもでもの涙」は鈴木絢音、「心のプラカード」は2期生、と持ってきたのは、生駒なりの配慮なのかな。
特に1期生間では、あの当時のお互いの感情の差異があるまんまなのかな、と勝手に想像しました。

「ガールズルール」でセンターを外れてからの生駒は、考え方というか、持っている自分の荷物が変わった感じで、グループを導くこと、というものを強く意識するようになったと感じていました。実際、「君の名は希望」までの楽曲と、「ガールズルール」以後は少し違ったグループの形になっていると思います。その姿は、時に前に出すぎて、そんなに出なくても、と思うこともあったのですが、生駒らしさの象徴な気がします。出すぎる杭は打たれ易くなるので、少しだけ引いたほうがうまく世は渡れそうなのに、とどうでもいい心配をしたりもしました。ただ卒コンを通し、いろんな配慮をしているところを見ると、すごいなって思いました。これからの生駒の方がより大変ではあると思うけど、その活躍を目にする機会が多くなったらいいな、と思います。

僕は桜井玲香推しですし、単なる私感での考えです。生駒と桜井というのは、乃木坂の阿吽、門を守る阿形、吽形のような感じに思ってます。攻撃の生駒、守りの桜井、僕が乃木坂46が好きなのはこの二人の関係でした。生駒の近くには、いつもなんとなく、さりげなく桜井が居る気がして、そうやって乃木坂46を創ってきた感じがするんです。
当然、白石麻衣さんや生田絵梨花さんとかキラ星のように輝く人もいるのだけど、少し違う部分も担っている感じです。
今回の卒業で、気にしたのは、「攻」の要が居なくなった印象です。意見を言うこともそうだし、尖った人が居なくなったなという感じ。歌唱する曲も、綺麗な人が綺麗に映る、全体が映える曲が表題曲では多くなりました。そんな中、桜井玲香さんがこれから纏めていくのはより一層大変だな、グループの中でも果たす役割が増えるんじゃないかな、大丈夫かな、って心配になりました。
沢山泣いていたし、ダンスをしながら、涙がこぼれていた玲香さんの姿を見ると、そんな心配を強くした次第です。
まあ、玲香さんも楽しんで活動していってくれれば、それで嬉しいです。
  1. 2018/04/30(月) 18:52:04|
  2. ライブ
  3. | コメント:0

乃木坂46 真夏の全国ツアー207 Final 東京ドーム

乃木坂46の東京ドーム公演に11/7、8日と行ってきました。ここまで乃木坂46を応援してきて、Zepp、幕張メッセ、横浜アリーナ、有明コロシアム、西武ドーム、武道館、さいたまスーパーアリーナ、などなど、いろいろと思い出が沸き起こり、とても嬉しい気持ちでした。
自分の振り返りのために思い出を書き残します。

20171107_1.jpg

今回の東京ドーム公演、推しの桜井玲香さんの晴ればれとした姿がとても素敵でした。直前の握手会は体調不良で欠席だったから、ちょっと心配していました。でも動きは相変わらず綺麗。特に、「命は美しい」での桜井玲香さんのダンスは大好きでずっと見ていた感じ。見るたびに、自分をより大きく見せる動きがすごさが増していてすごいです。後は、手の動きかな。抑揚がついていて表現が上手だなって思います。妖艶さと強さを感じます。「他の星から」での可愛らしい動きも良かったな。こちらは手の動きもダンスも可愛らしさとしなやかさを強調した動きに見えるんですよね。ま、推しだからベタ褒めです(^-^)/

セトリもよりよく構成されていました。乃木坂46らしい感じでしたね。隔てなく曲をセレクト。当たり前の感想になるけど、「君の名は希望」は静かに聴く感じにさせてくれるし、「何度目の青空か?」では生田絵梨花さんの声を堪能できる。「ガールズルール」は問答無用で上がるし、白石麻衣さんの凄さ、あの1曲で一瞬で沸騰点にもっていくのは実績、実力でしょうね。「君の名は希望」で一面が黄色になったのは、生田絵梨花さんがピアノを弾いていたからでしょうね。個人的には、違和感がありこの曲での一面黄色は好きではないのだけど、考えてみれば、ここまでもっていくのは生田絵梨花の凄さでしょう。

アンダー曲はアンダーメンバーが過去も含めて全員紹介されていました。これからへのエールなのかな、そう思いたいなと思いました。あのアンダーメンバーの衣装、とても好き!凛とした綺麗さがありました。アンダー楽曲は良い曲が多く、特に「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」が僕は好きです。あの世界観は、井上小百合さんに合っていて、やはりこの曲もしっとり聴きたい感じです。
「君は僕と会わない方がよかったのかな」が好きなのだけど、卒業する中元日芽香さんのペンライト色のピンクに染まり、ほんと綺麗で、かつ、それ以上の笑顔が綺麗な中元さんがとても印象的でした。「アンダー」はやっぱり、ちょっと残酷な曲かな。。。この後、選抜曲に移るので余計に感じました。明るい曲で繋げたらもっと、、、とも思いました。

演出という観点でいくと、あんなにVTRによる演出がなくても良かったかな。「過去は~だった」、「これから~だ」というような言葉をナレーションの方の言葉で聴くと少しアレっと思ってしまいます。もっと愚直なシンプルな演出。歌、ダンス、メンバーによるMC、という構成のみでも十分に良かったのではと思います。最初の東京ドーム公演だから余計に。そして、アンダーメンバーはメンバー紹介があったから、やはり、全メンバーを、最初に紹介するというシンプル演出が良かったな。ま、私の好みだけだけど。

ただ、全体としてとても満足感に満たされた東京ドームであったことは確かです。2日目のダブルアンコールの「きっかけ」。卒業が決まっている伊藤万理華さんと一緒に歩いてくる桜井玲香。同じくらいの背丈の彼女たちが、時に見つめ合いながら、確かめるように歩いてくるところでもう涙ものでした。涙を堪える伊藤万理華さん。笑顔を見える中元日芽香さん。きっかけの歌詞。これは全てを包むものでした。大きな、とても大きな風呂敷で全てを包む優しさがありました。


松村沙友理さんが初日語っていた言葉、

「いろんなことがあって、時には目の前が真っ暗になって、どこに進んだらいいのかわからへん時もあったけど、そういう時に、こうやって今みたいにキラキラ光って、こっちだよって私たちのことを導いていてくれたのは、皆さんだったんだなと今日改めて思いました。」

という言葉。これは聴いていてほんとしんみりきてしまった。問答無用の笑顔が松村沙友理さんに戻ってきて良かったし、それを見れて幸せになれるし、良いなと。

桜井玲香さんがライブで語っていた言葉

本当にここが終わりじゃないです。ここからがスタートだと思います。これからもたくさん皆さんにいろんな景色を見せていきたいと思います」

「東京ドームよりもっとすごいところありますよね。皆さんをもっとすごいところに連れて行きますので楽しみにしていてください」

って言葉はほんとステキだったな。

これからもずっと桜井玲香キャプテンの乃木坂46、応援していきたいなと思いました。
※緑のサイリウム...はいつものポンコツとして(笑)

20171107_2.jpg



良い記事なので...
【詳細ライブレポート】乃木坂46初東京ドームに10万人熱狂 白石麻衣・西野七瀬・齋藤飛鳥ら涙、涙、笑顔…<32曲・3時間半セットリスト>(モデルプレスさん)
https://mdpr.jp/music/detail/1726335
  1. 2017/11/18(土) 18:58:37|
  2. ライブ
  3. | コメント:0

乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 大阪・名古屋

乃木坂46の真夏の全国ツアー、大阪城ホール(8/18)、日本ガイシホール(8/23)に参加してきました。地方ツアーでの感想を書きます。新潟はセトリも演出も違うような気がするのでネタバレもないでしょう。
※気にする人は読まないでください。

20170823.jpg


一番印象に残ったのは、乃木坂エンターテインメント(SHOW TIME)の演出での「命は美しい」の桜井玲香さんのダンスと動き。
オリの中で捕らわれた状態、つまり囚人としてダンスを踊っているのですが、ライダースのジャケット、ショートパンツ、網タイツ、という衣装がバッチリはまり、桜井さんの綺麗な脚とダンスが楽しめました。このダンス中、オリを掴むシーンがあり、その時の掴む仕草、「キッ」とした目線には鬼気迫るものがありました。好きなシーンのひとつです。

また、このSHOW TIMEの演出の最後で、メンバー全員が出てきてステージで踊るのですが、この時の桜井玲香さんの表情も好きでした。これは確認してみないと実はわからないのですが、表情を殺して、どちらかというと気だるい感じ踊っていて、囚人感が出ていたことです。これは意識してやっていたんだと思っています(というかそう信じている)。
桜井玲香さんはやはり演技、映画や舞台、そういった場面でどんどん活躍の場を拡げて欲しいと思いました。

昨年、桜井玲香さんは体調不良で夏の地方公演は全欠席でした。今年の桜井玲香さんはそれを取り戻そうと、明るくを意識して、そして、意識をしてふざけて盛り上げていたような気がします。トロッコの時も、レスを広く配るように心がけているように見えたし。居ないメンバーも居て、特に生田絵梨花、生駒里奈という2人が居ないこともあり、自分で上げていかないとと意識を高めていたんじゃないかなと感じます。まあ、天然をかましていただけかもしれないし、地方公演を2つしかみていないから違う意見もあると思いますが。

なにはともあれ、推しの表情とダンスをずっと追っていた感じだから、桜井玲香さんの事ばかり書いてしまいました。

---

全体は、というと演出の部分が少し多かった印象でした。SHOW TIMEの演出、あさひなぐの演出、という2つがあったので、座っている期間も長く、ワイワイ盛り上がるか、というとそういう構成ではなかったです。盛り上がりたい人には、少し欲求不満に思えるセトリかもしれませんね。

個人的には、あさひなぐの演出は、薙刀の部分をもう少し生かして、ステージ全体を使って演出をかけても良かったと思います。つまらなくはないのだけど、「驚き」の部分が少なかった。せっかく薙刀の衣装を着ているので、「凛」とした緊張感を持たせて、ステージを広く使い、個対個の勝負の場面を見せる、あるいは、ひとりずつ型を魅せるという演出でも良かったかなと感じました。薙刀をやったことはないので勝手な事言っていますが、薙刀に興味を持つ、映画が一層楽しみになる、というところまで至るのがベストだと思うので。

また、やはり、歌の部分はもう少しあった方が良いから、メンバーは大変かもしれないけど30分早く始めて、曲を増やしても良いかなと。こうすることで、最後の「乃木坂の詩」までやはりメンバー全員が残れる時間帯で終わるのが良いかなと思いました。まあ、おじさんてきには、体も楽だし、余力を残して帰れたのだけど。

---
披露した曲で他に気になったものを2曲だけ。

ちなみに、「Rewindあの日」の披露。これは本当に良かった。桜井玲香、西野七瀬、若月佑美、それぞれの映像演出もキレイで、衣装も素敵でした。ダンスもしなやかで美しかった。衣装と合っていました。実は大阪城ホールの公演の時には、パフォーマンスだけ見ていてうっとりしていました。でも、公演後の呑みで、まいちゅん推しの方から、「映像綺麗だった―」と聞いて、名古屋では交互に見てました。こういうの困りますよね(笑)。三人の声の違い、そして曲調も好きだな。あの衣装の歌唱、早く映像化してくれないかな。。。。

他の曲では二期生の「ライブ神」かな。ここ最近の二期生のパフォーマンスの姿、好きです。二期生の境遇についていろいろ言われたりしますが、二期生が入った状況と、三期生が入った状況では、場面が違いすぎます。三期生は、メンバーが相談会にも参加し、乃木坂が成熟した状態な上に、自分たちが参画する中で入ってきた子たち。二期生はまだ、一期生も未成熟な時に入ってきています。二期生の活動の場が少なかったことは事実だと思うけど、その積み重ねたパフォーマンスは確かなものかなと感じました。

---
最後に、
大阪城ホールでの公演にて、玲香さんが唐突に「乃木坂~」といきなり言い出して、会場が「フォーティーシーックス」という感じで揃った時、すごく爽快でした。玲香さんの「うわっ、いきなりやったのにそろったー(^^)」というところ、今でも思い出して好きな場面でした(実は仙台とかでもやっていたのかな??)。
そして、今年の真夏の全国ツアーも参加できて良かったな。やっぱり、推しが出ている、ってありがたいことだなって思いました。クオリティもあってのことだけど、身体のクオリティが保てなければ、演技、歌、ダンスも成り立たないから、健康でいて欲しいな。

  1. 2017/08/30(水) 22:49:50|
  2. ライブ
  3. | コメント:0

乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 神宮球場

今年の乃木坂46の全国ツアーは神宮球場からスタート。昨年は推しメンの桜井玲香さんが体調不良で不在だったので、なんとなくそわそわしながら、大丈夫かな、玲香、とか考えながらスタートしました。幸運にも初日、2日目とも参加することができました(^-^)/

浴衣の玲香ちゃん可愛すぎだろ。

神宮20170702_2_s




前半は、各期生毎のライブになっていて、オープニングは3期生から。これはちょっとビックリでした。最初は大事で、いわば掴みの部分。ライブの成否って、意外としょっぱなに懸かっていると思っています。

SSAでのライブの時もそうでしたが、こうやっていきなり大舞台に出てくる3期生。「恵まれている」という考え方もできるけれど、それを払拭するパフォーマンスができるか、って一瞬心配になりました。ただ、それは杞憂でした。
僕は、パフォーマンスの前に気持ち、ココロを伝えてくれたことが大きいなと思いました。
「3番目の風」から始まったライブ。3期生紹介でのコール。「思い出ファースト」での3期生ライブの最後。濃縮されたいいライブを魅せてもらった気がします。たまちゃん可愛かったわ。コールしたわ(^-^)

成功の秘訣は自信。
自信の秘訣は準備。

自信はなかったと思うんだけど、それを掴むための準備を積みかねていたんだろうなって思います。




次に登場した2期生。ここは雰囲気を一転させて、とても「漢」な創り方でした。この演出は好みでした。
未央奈のセンターが発表された代々木に居たのですが、複雑な思いを描きながら帰ったことを思い出します。
当時、私は否定的な考えではなく、肯定的で、ここから2期生がガンガン来るのだろうと思っていました。そういう売り方、というか路線なのだろうと。
ただ、実際はそうではなく1年半以上の歳月を積み重さねての3rdバースデーライブ(西武ドーム)での全員昇格。
あの時、「運営、遅すぎだろ」と少しイラついたのも脳裏をよぎりました。

・嫉妬の権利
・ボーダー
・きっかけ
は特に好きで、まあ、単純に瞳が潤みました。

2期生の歌唱、ダンス、良いですね。パフォーマンスも。3期生が気持ちを出したところ、2期生は全体の質を上げていました。
個人的には、鈴木絢音(あーちゃん)さんと寺田蘭世(らんぜ)さん。ダンスがとても良くなっていたし、表情の魅せ方、ゾクッとするような視線が色っぽくて素敵でした。2期生の単独ライブとかあったら行きたいな。

個人的には、個人紹介の演出もして欲しかったな。2期生の名前を神宮球場でひとりずつやって欲しかった。そこだけが不満点です。




最後の単独ライブは1期生のライブ。やっとこさ、桜井玲香(れいか)さんも出てきました。玲香の言葉に「超会場あたたまってるもん。流石だよ。」という言葉があったのですが、ほんとそうだな。満を持して登場した1期生。
初日も良かったのですが、特に2日目は生田絵梨花(いくちゃん)が来て全員揃いました。この時の破壊力は、、、いや、やっぱちょっとすごいですね。自分が好きだからというのはあるとは思いますが、いくちゃんが居ると、歌の声の厚みが増します。

ユニットの演出が多かった1期生。やはりそれぞれスケジュール合わせるのが大変なのかな。
ただ、新しい発見もありました。「意外BREAK」での高山一実(かずみん)さん。パンツを履いていたのはかずみんだけだったのですが、脚がまあきれいな事。カッコよいは~、と思いました。

玲香の調子のバロメータは僕は「命は美しい」での動きで測っているのですが、初日はまだ手探り感が少しあったと思いましたが、2日目はキレのある動きをしていました。特に「カニ」の部分の動きも勢いが2日目の方があった感じ(笑)。玲香のダンス、好きなんですよね。流れと止めがキレイ。

1、2日目のセトリ共に「制服のマネキン」から始まった1期生のライブ。最後は、初日は「君の名は希望」。2日目は「何度目の青空か?」。うーん、もうこの時点で、元は取ったというか、だいぶ満足の放心状態でした。




以後は全員でのライブ。全員揃った2日目。46人の乃木坂46に出会えるのは、この日だけ。ステキでした。いろいろ書こうと思ったけど、やっぱりみんな揃うといいな、玲香もいっぱい弾けていていいな、生駒流石だな、という事以外思い浮かびません。

ヒム子が出てきたときにはびっくりしたけど、そこ替われ日村!と思ったけど(笑)、あーいい公演だったと思った次...

最後の、最後に、東京ドームの2Daysが発表されました。
玲香がここ最近、ずっとやりたいと言い続けていた、東京ドーム公演。やると思っていたけど、実際に発表されると感慨深い。
それ以上に、玲香が

「怖いとか言ってらんない。こうやって最高のスタートが切れたし、皆さんを楽しませるようにいいライブをしたい!」

と言った言葉が好きでした。「行くつもりです。年間スケジュールに入っている!」と語りドームを目指していた玲香。「お見せするものは本物ではないと」と語っていた生駒。ふたりで並んで、玲香と生駒で確かめるように、「ドームで何をするか」、に目を向けていた桜井玲香と生駒里奈の二人。僕はこのペア大好きです。

東京ドーム、どうしても行きたいので当たってください。

本当に良い公演でした。ありがとうございました。

神宮20170702_1_s

  1. 2017/07/05(水) 09:54:51|
  2. ライブ
  3. | コメント:0

プロフィール

なおし

Author:なおし
仕事をしたり、ランニングしたり、乃木活したりしています。
推しは桜井玲香さんです。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
舞台/ミュージカル (9)
本 (1)
映画 (2)
日記 (11)
ランニング (2)
ライブ (5)
About Me (1)
レベッカ(ミュージカル) (3)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する